プロレスLOVELOVE愛してる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Dragon Gate】両翼の折れたドラゴンは…

<<   作成日時 : 2005/03/30 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ドラゴンゲート3.27ディファ有明大会で起こったこと。
マグナムと行動を共にしていたアンソニーが、新しく出来たユニットのリーダーに指名されたこと。
「対土井」で共闘していたパートナー・クネスを裏切ったYOSSINOが、さらにイタコネを脱退し、ブラジェネに電撃加入したこと。
YOSSINOのリングネームも捨てて、本名の「吉野正人」になると宣言したこと。
その結果、イタリアン・コネクションが実質上解散したこと…。

昨年11月、C-MAX解散宣言の動揺の中で迎えた札幌テイセン大会。
自分が観戦した中でも「ベスト」の興行だったと言えるこの大会の主役は、初代トライアングルゲート王座を争った、悪冠一色とイタコネであった。
あれから、わずか4ヶ月少々。
その二つのユニットは共に姿を消したことになる…。

飛び立った「ドラゴン」ゲートを力強く羽ばたかせていた二つの翼。
ウルティモ・ドラゴン校長が育て、世に出した、二つの「遺産」。
片翼は「闘龍門JAPAN」
もう片翼は「T2P」
それぞれを代表するユニットであった、C-MAXとイタコネが、二つながらに消えていった今の「ドラゴン」ゲートは、両翼を失ったドラゴン。
もう、飛び続けることは出来ない…?

しかし。
「ドラゴン」には翼があるが、「龍」には翼はないし、必要でもない。
翼がなくても、天空高く翔けてゆく、それが聖なる獣・龍である。
「龍」から「ドラゴン」へ。
そして、また「ドラゴン」から新しい「龍」へ。
うち続く激動は、新たなスタイルへとつながる、進化の一過程であるのかもしれない。
「ユニット」主体であるよりも、「個」の主張が強くなってきたことが、現在のドラゴンゲートを若干居心地の悪いものにしている気がするのだが、混沌の中から生命が誕生したように、こういう試行錯誤の中から、見たことのない「新しい龍」が誕生することを願ってやまない。
ミラノの決意がたとえどんなものだったとしても…。


        ここのBLOGがちょっといいかも?と思ったらCLICK HERE!! ↓
☆オープン・ザ・人気blogランキング・ゲート☆最新ランキングへの扉を開け!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今起こっていることを幻と思いたい闘龍門時代からのファンはたくさんいることでしょう。
T2Pに対する思い入れが強い方はなおさらでしょう。

でも…DRAGONGATEになって半年あまり。イタコネだけが旧態依然だったというのも本当は不思議な話です。
ミラノの怪我という状況下での不可解な解散ではなく、もっと早い段階で手を打てばよかったのかもしれません。

「個」の主張の強さは、選手層の薄さをカバーせざるを得ない状況が産み出した副産物かもしれませんね。
ミラノの「個」の主張は一体どこへ羽ばたくのか…?

そんな変わり続けるDRAGONGATE。私は大好きです。
YOKOHAMA☆LINER
2005/03/30 01:59
いや〜、すばらしい名文やね。ウルウルきちゃうよ。
龍とドラゴンの違いから、翼を失ったものにみたて、翼がなくても飛べると希望を持たすあたり圧巻です。
関係者、読んだら泣くね。
動揺しているファンも読んだら、きっと感動するね。

どっか、アクセスの多いHPに投稿しませんか?<この記事
このブログをどれだけの人が読んでいるか知らないけれど、もっとたくさんの人に読んでもらいたい!
風民
2005/03/30 11:35
私も宣伝しておきましょう。
YOKOHAMA☆ライナー
2005/03/30 18:46
自分もDGが大好きです。そして、彼らの「プロレスLOVE」を信じています。
公開から1日でこの記事にほぼ100アクセスありました。宣伝に感謝!
管理委員長828
2005/03/31 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Dragon Gate】両翼の折れたドラゴンは… プロレスLOVELOVE愛してる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる