プロレスLOVELOVE愛してる

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ジュニア大統一構想!』…を妄想してみる。

<<   作成日時 : 2007/01/28 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

■2.15 NOAH「Navigate for Evolution’07」開幕戦
<6人タッグマッチ 30分1本勝負>
KENTA、斉藤 了(DRAGON GATE)、B×Bハルク(DRAGON GATE)
金丸義信、土井成樹(DRAGON GATE)、吉野正人(DRAGON GATE)


昨年末にはムシキング・テリーとマルビンがどらげーに参戦。今度は、どらげー勢がNOAHマットに乗り込んでくることになった。
ここに両者と協力関係にあるアメリカ・ROHが加わると、新鮮な、かつ“ジュニアらしい”数々の試合が今後見られる可能性があるだろう。
丸藤、KENTA、杉浦などがジュニア戦線から引いた状況下で、先日は鼓太郎&マルビンがついにタッグ王者となったが、以降の防衛戦を考えると、明らかに駒不足と言えるNOAHジュニアにとっては、他団体の交流はメリットが大きいと思われる。
自団体にビッグネームを上げることはあっても、なかなか「外」に選手を出さなかったどらげーが最近全方位的に選手を派遣しだした意図はよくわからないが、今まで考えられなかったような組み合わせが見られるようになっていることだけは確かだ。
しかし。
NOAHジュニアとどらげー勢の交流は、両団体だけの局地的なものにとどまらない可能性があると思う。

現在、NOAHジュニアシングルのベルトはZERO1 MAXに流出中。GHCチャンピオン高岩とZERO1 MAXジュニア王者の日高がお互いのベルトをかけるダブルタイトルマッチが行われることが決まっている。引き分けなどの、それぞれが防衛という結果になるかもしれないが、ひょっとしたら団体を超えた二つの王座が統一されることもありうる状況だ。いずれにしても、NOAHジュニアとZERO1 MAXジュニアの交流はこれからも続くことになる。
また、NOAHは他のGPWA加盟団体と絡んでいく可能性もある。KAIENTAI DOJO、DDTなどを含め、若くて才能のある軽量選手は数多い。
一方どらげーは、現在時点で新日本とかなり積極的に関わっている。
もしも。NOAHとどらげーが、お互いが持つネットワークをひっくるめて交流するならば、団体の枠を超えた、「ジュニアヘビー級」というジャンルが独立的に展開されるようになるかもしれないのだ。
いまや『ジュニアもヘビーも関係ない!』がプロレス界のトレンドではあるが、一方で、ジュニアは団体のトップではないからこそ、比較的自由に交流してきた歴史がある。
本当の意味でヘビー級を凌駕するジュニア選手がまだ存在しない今ならば、日本プロレス界ジュニア大統一構想も、夢じゃないかもしれない。
それがいいことなのか悪いことなのかはわからないが。

…などという妄想を展開して、テンション上げようとしていますが、ぶっちゃけ、どらげー勢のNOAHマット参戦にはあまり興味が持てないでいます。
これがせめて1年前だったらなぁ。
KENTAと吉野正人の対戦など、夢のカードのひとつだったのに。
物事にはタイミングというものが大切なのだと、しみじみ思う今日この頃ですが、せっかくやるのだから、お互いの「未来」にとって良い方向へ向かう何かを見せて欲しいと願っています。


相変わらず☆人気blogランキング参加中☆←「読んだら押す!」の習慣が救えるブログもあります(笑)。どうぞよろしく♪

★読んでくださってありがとうございました(多謝!)★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに物事タイミングは大事ですね・・・
私も正直NOAHの後楽園で期待してるのは土井・吉野の動きより、金丸、KENTAの偵察(お目付)ぶりだったりします(^_^;)
それと最近のジュニアの動きを見ていると、あたりまえですが団体の力+やっぱり一つ突き抜けた個人の能力(実力)がないと目立てないな〜と感じます
そんな意味で全日本の両国「近藤vs中嶋」は注目しています。その後の2人の動きも含めて・・・
みどり
2007/01/29 01:07
はじめまして。なかなか興味深く読ませて頂きました。
多分今回そうなったのはGPWAの旗手たるNOAHがその姿勢を
各団体に示すための物じゃないかなって個人的には思ってます。
他の団体と異なってこの二つの団体は特に他団体との交流については
受身の部分が強くて自分から出向いてって言うのは数えるほどしかなかったですから。
で、ジュニアが手始めに盛り上がる事で新日、全日とまだ加盟していない
団体のジュニア選手達も絡んでくる事は期待できますし
いくいくそれがよしとなれば、全団体加盟の協会になるでしょうしね。
でも三沢社長の事だからそこまでは考えていないような気もしますけどねw
ひこ
2007/01/29 12:36
◆みどりさんへ
夢のカードもタイミングを間違えば…ですね。NOAH:どらげー=1:2という比率でどらげー含有率の高い試合を組んだところに、ちょっと「お披露目」的なニュアンスを感じてみたり。その割にはKENTAや金丸を加えているところがハードコア(笑) うん、やっぱりKENTA、金丸の動きに注目してしまいますね。
近藤vs勝彦は楽しみです!PPV放送あるのかな。ドッティが防衛したら、もう全日本には敵なしってことで他団体へVMとしてではなくジュニア王者としての進出があるでしょうか。勝彦くんは同世代とのライバル関係を築けるような出会いがほしいところですが…。
いいんちょー
2007/01/29 22:30
◆ひこさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
個人的にGPWAは若い人たちの未来のために機能して欲しいと思っているので、やはり若い選手の多いジュニアだけでも、大きな枠に広がると嬉しいなぁと。ジュニアからもっと広がって…というところまでは、まぁ、三沢さんは考えていないと私も思います(笑) 来るもの拒まず、嫌がるものは無理に誘わず。女性に対してもきっとこんな感じで(自粛)
いいんちょー
2007/01/29 22:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ジュニア大統一構想!』…を妄想してみる。 プロレスLOVELOVE愛してる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる