プロレスLOVELOVE愛してる

アクセスカウンタ

zoom RSS プロレスという「補助線」

<<   作成日時 : 2007/01/31 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私がブログを始めるに当って自分で決めたルールは、「どんな形であれ、プロレスに関係した内容であること」。
理由のひとつはもちろんプロレスが好きだからですが、もっと大きな理由はおそらく、そういう“制約”があったほうが無制限の日記よりも「私」という人間が表現しやすい、あるいは、思いがけなく表現されてしまうのではないかと考えたからです。
いや。制約というよりは。
昔。算数や数学の図形の問題を解くとき。
「補助線」を一本引くことで、それまでいくら頭をひねっても分からなかった問題が、途端に分かりやすくなったように。
“私”のための「補助線」として、私はプロレスを選んだのだと思います。
日々、プロレスについて語りながら、同時に私は、時に自覚的に自己を表現し、時に自分自身を疑い、またあるときは驚愕したりする。
確信したと思ったら迷い、自信に満ち溢れたと思ったら自己嫌悪に落ち込む。
書き上げた記事そのものが私であり。
書き上げる過程そのものが私であり。
それらを“読む”のも私なのです。

プロレスラーという人たちこそ、自分を表現するためにプロレスという「補助線」を選んだ人たちなのだと私は思っています。
自分の中にある、形となって表出することを望んでいる衝動が、プロレスと出会った瞬間に確信となり、プロレスを選びプロレスに選ばれた人たちなのだと。
だから。
プロレスラーとは「なるもの」ではなく、常に「あり続けること」の過程をみせる存在であり、私は彼ら・彼女らの「表現」を通して、プロレスラーたちの「自己」を読み取ろうとするのです。

(続く)

<いいんちょーのひとりごと>
(続く)は予定です。どうも、最近“穴”にはまったみたいで、進んでいきません(苦笑)。



相変わらず☆人気blogランキング参加中☆←「読んだら押す!」の習慣が救えるブログもあります(笑)。どうぞよろしく♪

★読んでくださってありがとうございました(多謝!)★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プロレスという「補助線」 プロレスLOVELOVE愛してる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる