プロレスLOVELOVE愛してる

アクセスカウンタ

zoom RSS マッスルハウス3に思うことと、超個人的なお知らせ

<<   作成日時 : 2007/01/08 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

「マッスルはプロレスではない」とよく言われるらしい。
私の感覚でも、確かにマッスルはプロレスではないと思う。
けれど。
他の人がどういう意図で発言しているかは知らないが。
私にとっては、マッスルに対する否定的評価としての表現ではないし、むしろ、マッスル的にもそう言われることが「本望」なのではないかと考えている。

プロレスの魅力を伝えることは、結局プロレスにしか出来ないのだと私は思う。
色々なプロレスラーが。
様々なプロレス団体が。
彼らにとっての「プロレス」をリング上で表現している。
それらを見て感じ取ったものこそが、見ている人間にとっての「プロレス」であり、そこに付け足すべきものなどほんとうは何もないのだ。

例えば。
「外」の世界にプロレスを伝えたいというハッスルの志は尊いと思うが、彼らの方法論が非難されるのは、ハッスルに関わるプロレスラーたちが、自分自身が感じている「プロレス」そのものではなく、こうした方が「外」に伝わりやすいのではないかと考えた様々なオプション(芸能人やお笑いやお色気)を、ただ単にプロレスにくっつけているからではないかと思う。
「プロレス」に何か足すことで「プロレス」が伝わるか?
ミロのヴィーナスに、欠けた腕を再現しても。
シューベルトの『未完成交響曲』を完成させても。
形としては不完全でも、そういうものとして完結した「美」は、返って損なわれるのではないだろうか。

プロレスの魅力はプロレスでしか伝えられない。
そうとわかっていても。
プロレスを愛するがゆえに、プロレスの魅力を伝えたい、わかってもらいたいという衝動に突き動かさせる人間がいる。

マッスル坂井はプロレスラーであるが、決して一流のプロレスラーではない。
彼が思い描く「プロレス」を「プロレス」として表現するにはおそらく圧倒的にスキルが不足していると思う。
それゆえ、彼は「プロレスの向こう側」から、プロレスではない表現を構築する。
本来プロレスでしか表現できないものを、逆にプロレスの文法を使わないことで、直接的ではなく間接的にあぶりだすように表現しようという試みは、野心的であると同時に極めて真摯な姿勢であると思うのだ。
だから、マッスルはたとえプロレスではなくてもプロレスファンの心に響くのだ。

今回の「マッスルハウス3」も間違いなく面白かった。
ただ、あえてひとつ言わせてもらえば、エンターテインメントとして綺麗にまとまりすぎていたかなと思う。
マッスルが行ってきたプロレスを非プロレス的文法で表現するという挑戦的かつ実験的な試みの数々は、時として思い余って技量と時間が足らず、様々な破綻を含みながらも、だからこそ、「そんなことはどうでもいいや」と思わせる熱量の確かさに、表現を超えた感動があったものだが、今回は妙に完成度が高かった分、彼らのイカれた情熱がもうひとつ伝わってこなかったというか。
そのあたりは次回以降にまた期待したいと思うし、マッスル坂井は期待に応えてくれると信じています。


ここからは個人的な話になりますが。
当ブログは開設から丸2年を経過し、とうとう3年目に突入いたしました。
私もまた、プロレスの魅力をどうにかして表現したいという無謀な思いを抱く者であり、当ブログはそんな私の戦いの記録でもあります。
ニュース記事から。
インタビュー記事から。
TVや生で観戦した試合から。
私が感じた私だけの「プロレス」がここにはいっぱいに詰まっています。
力不足で思うように表現できない私のプロレスが、皆さんにどのように伝わっているかはわからないし、実のところ、それはどうでもいいことです。
ただ。「そうだよね」でも「それは違うだろう」でも、読んでくれた人ひとりひとりの「プロレス」の輪郭を少しでも明確にするひとつのきっかけになっていれば幸いです。
これからも、私は私のプロレスと、それを表現する方法を探しながら、このブログを続けていきたいと思っています。
良ければ引き続きお立ち寄り下さい(深々)。

ひとつだけお断りしておいた方がいいのかなぁ。
今年の当ブログの目標(?)は、
『毎日更新しない!』
です。
毎日楽しみにしてくださる方がいるのはほんとうにありがたいのですが、他にも今年取り組みたいと考えていることがあり、圧倒的に時間が不足するため、決めました。
プロレスLOVEがなくなったためではないので、そこのところだけはご理解ください。


相変わらず☆人気blogランキング参加中☆←「読んだら押す!」の習慣が救えるブログもあります(笑)。どうぞよろしく♪

★読んでくださってありがとうございました(多謝!)★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
2周年おめでとうございます。

自分のことを棚にあげますが、毎日更新って難しい(笑)
「ブログ=日記なんだから毎日更新は当然だろ」っていわれる方の気持ちもわかります。
結構、更新が途絶えて悩んだ次期もありました。
人には平等に24時間が与えられていますが、実際は不平等なもんですから(笑)
更新回数が減っても、だれもいいんちょうのプロレスLOVEがなくなったなんて思わない。
少なくとも、私は思いませんから。
絶対に(笑)
サンダーリップス山本
2007/01/09 00:16
毎日更新するためにネタを探して書き続けた日々の経験はきっと次のチャレンジにも役にたつでしょう。どうしてもひとこと言いたくなるような良い試合や明るいニュースが目白押しな一年になる事を期待したいですね
あいのり
2007/01/09 00:32
毎日更新するためにネタを探して書き続けた日々の経験はきっと次のチャレンジにも役にたつでしょう。どうしてもひとこと言いたくなるような良い試合や明るいニュースが目白押しな一年になる事を期待したいですね
あいのり
2007/01/09 00:32
二周年おめでとうございます。

他にやることができると、毎日更新がいかに大変なのかは身に染みてわかっております…

あ、焦らずいきましょうや。
YOKOHAMA☆LINER
URL
2007/01/09 01:06
ブログに関してはまだぺーぺーの新人なので、ペースに関してはノーコメントですが、二周年おめでとうございますm(__)mあと、さっき、以前話題にされていた『ネットプロレス大賞』の結果を携帯で見てきました。まさか皆、どらげ〜に対してあそこまでシビアな評価をしていたとはなぁ。ネット世界の住人とどらげ〜ファンの温度差には、かなりびっくりしました…
kajio
2007/01/09 13:32
毎日更新するのは楽じゃないしねえ。
うちは一日一回ペースで出来ているけど、「ネタに困ったら」を年100回ペースでやってのことだしねえ。
いちふじ
URL
2007/01/09 14:22
2周年、おめでとうございます。

「毎日更新しない!」は大賛成です。
今後は、「あ、今日は更新されてる!」っていう楽しみ方もできますし(笑)。

よみ
2007/01/09 19:24
毎週更新も、ままならない私です。
今年は毎月更新を目指します(笑)

いいんちょーも、今、取り組みたい事を頑張ってください♪
風民
URL
2007/01/11 15:03
同じマッスルハウスという議題をブログに書いてもこれだけの文章が書けるとは・・・。
脱帽っす。

これからもマイペースで更新していってくださいね♪
のぴ
URL
2007/01/13 04:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マッスルハウス3に思うことと、超個人的なお知らせ プロレスLOVELOVE愛してる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる