プロレスLOVELOVE愛してる

アクセスカウンタ

zoom RSS 週末はPPV2連戦を予定しています〜全日本と新日本の両国大会〜

<<   作成日時 : 2007/02/13 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2/17 全日本プロレス 両国国技館大会
<第8試合>三冠ヘビー級選手権試合
チャンピオン・鈴木みのる vs 挑戦者・小島聡
<第7試合> 世界タッグ王座決定戦
川田利明&太陽ケア vs 諏訪魔&RO‘Z
<第6試合>世界ジュニアヘビー級選手権試合
チャンピオン・近藤修司 vs 挑戦者・中嶋勝彦
<第5試合>
グレート・ムタ&TAJIRI vs ゴールド・ダスティン&白使
<第4試合>
曙&大鷲透 vs スモー・リキシ&X
<第3試合>佐々木健介&三島来夢 vs TARU&YASSHI
<第2試合>AHIIワールド
<第1試合>カズ&TAKA vs 論外&MAZADA
<第0試合>渕&平井&土方 vs AKIRA&雷陣&菊タロー


2/18 新日本プロレス 両国国技館大会
<第9試合>IWGPヘビー級選手権試合
チャンピオン・棚橋弘至 vs 挑戦者・金本浩二
<第8試合>スペシャルタッグマッチ
カート・アングル&永田裕志 vs ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコ
<第7試合>IWGPジュニアヘビー級選手権試合
チャンピオン・稔 vs 挑戦者・井上亘
<第6試合> 蝶野&ミラノ vs 天山&TARU
<第5試合> 中邑 vs 真壁
<第4試合> 中西 vs 越中
<第3試合> 長州&飯塚 vs 矢野&石井
<第2試合> 
タイガーマスク&ディック東郷&TAKAみちのく vs ライガー&近藤修司&YASSHI
<第1試合> サムライ&裕次郎 vs 邪道&外道


この二つの大会のカードから受ける印象を喩えるならば。
新日本は『コンビニのおせち料理』で、全日本は『運動会のお弁当』という感じでしょうか。
ぶっちゃけコンビニのおせちを食したことはないのですが、あくまでもイメージとして、ひとつひとつの料理は見た目も綺麗だし味だって悪くない。話題の食材や調理法も取り入れている。けれど、やっぱり何か「まとまり」に欠けて、少し味気ないような。
対する全日本は、基本はいつものお母さんのお弁当。子供たちの大好きな料理はきっちり入れた上に、他の家庭の目も意識しつつ、張り込んだ料理も加え、なおかつ、味だけでなく見た目に楽しい工夫もこらした、ハレの日にふさわしいお母さん入魂の傑作弁当という感じがします。

今に始まったことではありませんが、現在の新日本はそもそも「対立」の構造がわかりにくい。
蝶野率いるブラックに加え、天山がGBHを結成したことで、いわゆるヒールユニットがふたつと本隊という3極構造なのですが、ふたつのヒール・ユニットが理由もなく悪かったり憎たらしかったりするわけでもなく、いったい何を巡って対立しているのかわからないので、ひじょうに感情移入しにくいというか、興味の焦点が結びにくい。
そんな中にあって、ふたつのチャンピオンシップにはもちろんベルトを争うという明確な軸があるし、どちらも新日本純血同士の対戦で、こここそが大会の目玉だと思うのですが、せっかくのそのふたつのカードの間に、カート・アングルというまた毛色の違った“ご馳走”を挟み込むという編成に、「新日本プロレス」としてのまとまりの薄さを感じざるを得ません。もっと、こう、ど〜んと!これが新日本!っていう部分を前面に押し出して欲しかった気がします。
それでも、期待するカードはやはりメインの棚橋vs金本です。
昨年一度行われていますが、正直、思ったほど何かを感じさせる試合ではなかった記憶があります。ジュニアvsヘビーという構図はもはや流行遅れかもしれませんが、生涯ジュニアを貫くアニキにはジュニアへのこだわりがあるし、体格に恵まれた方ではないにも関わらずあえてヘビー級に進んだ棚橋にはヘビー級へのこだわりがあるはずです。前回の試合では、互いへのリスペクトの気持ちが強かったような気がするのですが、今度は、お互いのこだわりと意地が遠慮なしにぶつかり合う試合になればいいと思います。アニキには「この若造が」とばかりに潰しにかかる気持ちが欲しいし、棚橋もいい子なチャンピオンじゃなくて、「チビのロートルに負けてたまるか」という生意気さを見せて欲しい。ここは新日本。普通の「いい試合」ではなく、「怖い試合」がやはり似合うリングだと思います。
そういう意味では、中邑vs真壁にも密かに期待したいです。
あとは、やはりディック東郷。とはいえ、またよくわからない6人タッグに放り込まれているのが残念というかもったいない気がしますが。邪外との対戦が見たかったなぁ。

全日本はカードの並べ方も、素晴らしくバランスがいい。
いつものように笑わせて、うならせて、まぁAHIIで休憩したところで、贅沢にも健介ファミリーでまたびしっと締めて。間にお祭り的なイロモノを挟んで、後半一気に酸欠カード連弾で畳み掛ける。
このカードの並びを見ているだけで、大会は大成功!という感じがします。
どれもそれぞれ楽しみですが、やはりジュニア、ヘビー両方のシングルマッチでしょう。
近藤vs中嶋は、近藤vsカズとは全くテイストの異なる、しかし、同じように凄い試合になる予感がビンビンします。カードを眺めているだけで、これだけワクワクする試合というのも、個人的に最近では少ないです。いや、ほんとに楽しみです。
一方の、みのるvs小島ですが、チャンピオン・カーニバルでの対戦は、結果は引き分けでしたが内容ではみのるの完勝という記憶が鮮明に残っています。みのるが上回ったというよりも、小島がみのるの幻影の前に自滅した印象のある試合でした。その過去を踏まえて、考えすぎずに小島聡が小島聡らしく戦うならば、この試合は人の心を動かす名勝負になるような気がします。鈴木みのるは、戦う人の気持を映す鏡のようなプロレスラーだと私は思っています。だから、自分の殻から出ることの出来ないプロレスラーと鈴木みのるの試合は、あまりいい試合にならない。例えば、秋山準であり、永田裕志との試合は、そういう風に思えました。個人的に気持ちの動いた試合と言えば、丸藤正道との試合であり、小橋建太との試合です。小島聡は小橋建太と似た、お日様の暖かさ・真っ直ぐさのあるプロレスラー。駆け引きとかあまり考えず、今の自分を信じてありのままに向かい合えば、鈴木みのるもまた響いてくれることと思います。
あとは、おそらく全日本には初登場となる大鷲透。実に全日本向きの選手だと思うので、印象を残してほしいです。

15日にはNOAHも開幕。そして、17日、18日両国2連戦へ。
メジャーの力をとくと見せていただきたいと思います。

<いいんちょーのひとりごと>
と思ったら、NOAHに参戦予定だった吉野正人が負傷欠場だとか…。これは残念(悔)。



相変わらず☆人気blogランキング参加中☆←「読んだら押す!」の習慣が救えるブログもあります(笑)。どうぞよろしく♪

★読んでくださってありがとうございました(多謝!)★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
吉野は痛たたたたた…

私的には三島君がどこまで雰囲気に飲まれずにやれるか楽しみです。

TARUのおじき。
ちゃんといいとこ引っ張りだしてやってくれ…(祈)
YOKOHAMA☆LINER
URL
2007/02/14 00:33
いいなあ。PPV見られる環境で
と、弁当食べている人を横目に空腹で寝込んでいる
いちふじ
2007/02/14 14:09
2.17は両国に参拝し、内容次第でPPVする予定です。GAORAが放送するまで待てるのかい?どうなんだい?ヲイ!と上腕二頭筋に問いかけつつ。
いしかな
2007/02/14 16:06
全日本の両国の方が面白そう。だけど、全日本の所属選手ってどのくらいいるんだろう?
よみ
2007/02/14 19:38
そもそも、なんでこんな日程で両国をやるのか判らないのですが。全日本の方がカードがまとまっていると思います。
お弁当の好みの問題でしょう。
昔から、新日本は牛焼き鳥海鮮カツ丼とかが好きな団体でしたから(笑)
サンダーリップス山本
2007/02/15 02:16
AHIIで休憩……(;_;)
風民
2007/02/16 17:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
週末はPPV2連戦を予定しています〜全日本と新日本の両国大会〜 プロレスLOVELOVE愛してる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる