プロレスLOVELOVE愛してる

アクセスカウンタ

zoom RSS 2.15NOAH後楽園ホール大会〜あまりにも簡単な感想〜

<<   作成日時 : 2007/02/16 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

大会詳報は例によってスポナビで。

印象に残った選手はふたり。
ひとり目。
丸藤正道。
武藤敬司と似た「華」があるなとはじめて思った。
緩急というのがプロレスを派手に見せるコツのひとつなのかなと。
ゆっくりした動きから、一転してすばやい動きに移行するところに生まれる驚きの鮮やかさ。
例えば小川良成が、同じ緩急でも、動きを止めるところで変化を生み出しているのは、スピードボールでカウント稼いで、フォークボールをすとんと落とすという、「してやったり」的な“巧さ”を感じさせるのに対して、丸藤や武藤の、スローボールを投げておいていきなり速球で空振りっていうのは、爽快感を生み出し、華やかな感じを与えるのではないか。
その速球を投げるタイミングっていうのは、天性の勘なのかもしれない。
緩急をつけるには、必ずしも時速150kmの速球は必要じゃなくて、遅い球とのスピードの違いが大きければそれでいいのだけれど、丸藤正道は、速球自体がたぶんすごく速い。
本気で投げたら当てられる選手はそれほど多くない。
でも。野球ならば相手がかすりもしないスピードボールを投げる投手はヒーローだけど、プロレスでそれをやったら試合が成り立たないのは確かなことだ。
今日の試合も、丸藤のエンジンはもちろん全開ではなかったにも関わらず、彼一人が、公道に紛れ込んだF1カーのようだった。
丸藤正道の“天才”は、幸せな才能なのか、不幸な才能なのか…。
などとふと思う。

もうひとりは。
石森太二。
彼が変わったのか、私の目が変わったのか。
たぶん、初めて「石森にピンを取らせたい!」と強く思った試合だった。
どこがどう変わったのかわからないけど、私にとって、ずっと、技は凄いけど何も伝わってこないプロレスラーだった石森が、知らないうちに応援してしまうレスラーになっていたことに驚いた。
大阪でのタイトル挑戦にも期待したいです。

<いいんちょーのひとりごと>
時間なくなってしまった…(汗)


相変わらず☆人気blogランキング参加中☆←「読んだら押す!」の習慣が救えるブログもあります(笑)。どうぞよろしく♪

★読んでくださってありがとうございました(多謝!)★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
現地観戦しました。
テレビではそう映りましたか〜。なんだか印象が違いますねぇ(苦)
今日の丸藤は…誰?と思いました。急に老け込んで楽しそうに試合してたキラキラした顔が見られなくて。
なんだかお父さん風にどっしりしてきましたから、軽く元気なくしました…。
テレビで見た方が良く見えるなら、次からはテレビにしようかなとか思いました(泣)
ぢふるま
2007/02/16 01:27
石森選手、いいですね。
NOAHの一員って感じになってきました。
エルドラドを退団してまであがりたかったリング。
フリーとしてリスクを覚悟してまで上がったリング。

華が咲くまでには時間が必要。
満開になるまで応援しますYo!
のぴ
URL
2007/02/17 11:16
今日はディファにて現地観戦してきました。
今日の丸藤はダグ相手にキラキラした目をしましたよ(泣)
久々にキラキラしてました(号泣)…良かった。
ぢふるま
2007/02/18 01:10
きのうえむが、いいんちょーはblogするつもりだった。
いいんちょーはblogするはずだった。
BlogPetのえむ
URL
2007/02/18 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2.15NOAH後楽園ホール大会〜あまりにも簡単な感想〜 プロレスLOVELOVE愛してる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる